足つぼをする時に痛い場所を重点的にしているのは正解か?

足つぼをする時に痛い場所を重点的にしているのは正解か?

足つぼは痛いというイメージがありますが、残念ながら、やはり痛いです(笑)そして、痛い場所=悪い場所と捉えがちですが、これは≒(ニアリーイコール)。

“痛いからそこ悪い”となると、ほとんどの方が、足つぼをすればほぼ足全体が痛いので(特に初めての方)、体の全体が悪いということになります。

婦人科サロン発祥の地「ワンドマユ」では、「私、全部痛かったんですけど、全部悪いんですか?」と不安そうに施術後に話すお客様もいたので、もしかしたらと思い、これから足つぼを始めるあなたが今後不安にならないように解説しておきます。

足つぼをして痛いのは当たり前

なぜ痛いのか、それは神経が走っているから

足つぼは、足裏を押したり揉んだりする健康法ですが、意味なくそうやっているのではなく、足裏の神経に刺激を与えているんです。

その神経は、体へと通じていて、神経反射によって、各臓器が活発に動き出すという仕組みが足つぼ。

足つぼをする時に痛い場所を重点的にしているのは正解か?

足裏の神経に刺激を与えるため、何らかの感覚が芽生えます。それが、”痛い”という感覚。

タンスの端に小指をぶつけると猛烈に痛いという経験はほとんどの方がお持ちかと思いますが、それと同じで、刺激が加わると痛いのです。

逆にいうと、痛いのは神経が正常に走っている証拠なので、良いこと!痛みがなければ、麻痺していたり、何らかの疾患により感覚がなくなっているという可能性があるので、病院へ行かないといけません。(麻痺している状態で足つぼをしてはいけません)

足は特に痛く感じる場所

足裏には、臓器へ直接通じる神経(末梢神経)の束がたくさん詰まっていて、その束を反射区と呼びます。

足つぼをする時に痛い場所を重点的にしているのは正解か?

反射区に対して刺激を加えて体調を整えるということで、反射区療法とも言われるのですが、反射区療法は手のひらや耳(耳つぼ)でもできます。

でも、足ほど痛みはありません。なぜか特別、足裏は痛みを感じやすい。

これは、手のひらや耳より、足裏は神経の数が多いということと、足は体の一番下に位置していて、重力によって他の場所より老廃物がたくさん溜まっているということ、そして、他の場所より血行が悪くなりやすい場所ということで、刺激を与えると痛みを感じやすくなっているのです。

老廃物が他より溜まるのだからこそ、他よりケアしないといけない場所でもありますね。

足つぼの痛みに関するFAQ

足つぼはずっと痛いのか

足つぼは全ての人に効く、安全な健康法なので、全ての人にやっていただきたいのですが、どうしても痛いということで躊躇する方が多いです。

ただ、痛いのも最初だけです。足裏が刺激慣れすると痛みは軽減されます。

婦人科サロン発祥の地「ワンドマユ」の足つぼは、足を彫刻するように施術するため、かなり痛くはありますが、毎週受けていると慣れてくるので、お客様は寝ています。

足つぼをする時に痛い場所を重点的にしているのは正解か?

「この痛みで寝てるの?どんな人?!」(笑)と、初めて受ける方には言われるのですが、痛みは慣れます。それが人間の体ってもんです。

慣れても体調により痛い時もある

足つぼの痛みに慣れても、体調によりいつもより痛く感じるということはあります。体は一定ではないので、波があるのが当たり前。

よくあるのが、「昨日、結構飲んだんですよ〜」「昨日、ブッフェに行っていっぱい食べちゃって…」という翌日!痛い人が多いです。

足つぼをする時に痛い場所を重点的にしているのは正解か?

そういう日の翌日は、足がむくんでいたり、冷えているので、痛く感じやすいんです。

飲んだ食べたではなく、ケアをサボっていたという場合も、むくんで冷えてしまっていることが多いので、痛いです。

むくみ、冷え、この2つがあると、痛く感じやすいので、セルフケアをして痛いな〜という場合は、軽いマッサージをしてから(滞りを流してから)足つぼをするとか、足湯やお風呂上がりに足つぼをするというように工夫してみましょう。

どんな足つぼグッズを使うかによって痛みは異なる

いつもお気に入りの足つぼ棒を使っていて、「慣れてきたから、もっと効きそうな先の尖ったのを買ってみよう!」と意気込んで買って、ケアをしてみると、「痛いー!!!今までのはなんだったの?!」と驚く時があります。

足つぼをする時に痛い場所を重点的にしているのは正解か?

足つぼ棒の尖り具合により痛みは異なるので、仕方ないですね。とんがってたら痛いのは当然。

また、いつも手でケアしていた人が足つぼ棒を使い出すと、これまたすごく痛く感じます。慣れるしかありません。

足つぼの深さにより痛みは異なる

足裏に足つぼ棒をどの程度食い込ませるかによって痛みは異なります。食い込ませ方が足りない人は、毎日足つぼのセルフケアをやっていても、いざ施術を受けると、「痛いー!毎日ケアやってるのに!!」と怒りだす始末 笑

セルフケアは加減してしまうので、弱い人が多いです。特に、ワンドマユ式の足つぼは、棒を食い込ませてからそのまま動かし、足の中身をえぐる(彫刻する)というやり方なので、自分でやるとなると、遠慮してしまい、えぐり方が足りない人が多いんです。

正直、弱すぎたり、皮膚をさすってるくらいじゃ、子宮筋腫を小さくするほどの効果は得られません。マッサージではなく、神経を反射させて臓器を動かすという意識でやらないと足つぼとは呼べないので、”足つぼ”をやりましょう。

ワンドマユ式の足つぼは、思いっきり神経を反射させることができるので効きがよくたくさんの方が、セルフケアだけでも子宮筋腫や卵巣嚢腫、生理痛などの婦人科系の悩みを改善されているのです。

足つぼをする時に重点的にする場所とは?

足の状態が悪いところを重点的に

痛い場所≒悪い場所ということは、どこを重点的にすればいいの?ということですよね。

それは、あなたの足に聞いてください。足が「ここケアしてね!」って叫んでいます。

足つぼをする時に痛い場所を重点的にしているのは正解か?

その叫びは、大きくなったり、冷たくしたり、角質を作ったり、色を悪くしたりして表現されています。

足の何気ない”状態”、それ、ただの足の状態と思っていてはいけませんよ。

親指の横に角質ができるのも、足裏が白く冷たいのも、かかとが大きく膨らんでいるのも、全て”体からの叫び”です。

足裏には臓器に通じる神経の束があります。その区画を反射区といい、反射区が自分の管轄の臓器の不調を見つけたら、”状態”を変えてお知らせしてくれるんです。

例えば、かかとは生殖腺と言って子宮や卵巣に関わる大事な場所ですが、そこが大きくなっているということは、「生殖腺(やそれに関わる臓器たち)が不調だよ〜!」とお知らせしてくれているということ。

腸の反射区を刺激してみてゴリゴリという感触があったり硬くなっているのなら、「便が溜まっているよ〜!」「腸が汚れているよ〜!アレルギーに気をつけてね〜!」という感じ。

一つ覚えていて欲しいのは、足は、”今すでに持っている不調”と”これから起こるかもしれない不調”を知らせてくれているところ。

今は腸の状態が良くても、腸の反射区がゴリゴリする時があります。それは、「実はずーっと酷使されててさ、そろそろ不調になっちゃうかもしれないんだよ」って警告してくれているっていうことなんです。

だから、足のお知らせを素直に聞いて、ケアしてあげましょう。

痛い場所ではなく、体からの叫びである”状態が悪いと感じる場所”をケアしてあげてくださいね、というのがどこを重点的にケアするのかという答えです。

痛い場所も悪い場合がある

最後に、痛い場所≒悪い場所とお伝えしてきましたが、ニアリーなわけなんですね。つまり、痛い場所は悪い場所でもあり得る。

そうなんです、実は、痛い場所もやっぱり悪いってことがあります。

悪い場所には老廃物がたくさん溜まっている傾向があるので、そういう場所は刺激すると痛いんです。

”どこも痛いけど、ここは老廃物のゴリゴリという感触もあるからきっと悪い場所なんだ”と、「痛み+状態」で判断してください。

例えば、親指が痛いという場合ですが(そもそも指には末梢神経が詰まりまくっているので痛い)、親指を見て、そこに角質があったり、色が悪かったり、冷えているという”悪い状態”があるのなら、重点的にケアするポイントだよっていうことです。

足つぼをする時に痛い場所を重点的にしているのは正解か?

足は状態を変えて、あなたの体の状態を教えてくれています。

足の状態=体の状態です。

ということは、体の状態(子宮筋腫や生理痛、不妊症などなど)を変えたいのなら、足の状態を変えればいいだけ。

とっても単純。無駄がない。ただ直球な考えだからこそ効くのが、日本で初めて子宮筋腫に特化した足つぼを始めたワンドマユ式の彫刻する足つぼなのです。

無料Ebookダウンロード「子宮筋腫・改善の2大法則 」

CTA-IMAGE まだ悩み続けますか?もうやめにしませんか?子宮筋腫で悩むの。

「子宮筋腫の悩みをなくしたいけど、でもどうしたらいいのかわからない…」とお困りですか?

そんな女性がネットで検索してONE DE MAYU(ワンドマユ)を見つけてくださっています。

病院へ行っても治らないから、他の方法をさがし、ここにたどり着き、改善された方のお声の多さから、ここなら改善できるかも! と、たくさんの女性に希望を持っていただいています。

そして、「今まで何をしてもダメだったのに、子宮筋腫が小さくなりました!」というお声をいただいています。

あなたにとっても、ここが”子宮筋腫改善ための最後の場所”となりますように。

さて、2012年〜2018年まで営業していたONE DE MAYUは、「日本で初めての婦人科サロン」ということで、全国からお客様が来られ、営業中の約6年間、満席状態。 これまでに述べ3000人以上の女性をサポートさせていただき、たくさんの女性が子宮筋腫など婦人科のお悩みとさよならしました。

あなたもここに来たのなら、もう大丈夫! 子宮筋腫のお悩みから解放されるメソッドがあるからです!

あなたもお悩みから解放されたいなら、やってみませんか?

とってもシンプルな方法で、やれば効果を感じられるから、少しでもたくさんの女性にやってもらいたいということで、そのメソッドをまとめた、スマホやPCですぐ読める無料のEBookをご用意しています。

EBookでは、子宮筋腫などの婦人科系のお悩みを改善する方法の基礎を紹介しています。今すぐできることばかりですよ。EBookをご覧になった方は、

「こんなに盛りだくさんの内容で、ここまで教えてくださってありがとうございます。早速やってみます!」

「こんなにすべてを教えていただいていいんですか?というほど充実した内容でした。すぐにできることばかりだったので、早速足つぼや食事やっています。これからどう変わるのか楽しみです。」

というお声をいただいています。

EBookで基礎を学んだあとは、続編として応用がわかるオンライン婦人科サロン(メール&動画配信)をご利用いただけます。こちらも無料です。

現在、1600名以上の女性にご利用いただいており、

「動画2つ見せていただきました。まゆさんの愛と優しさいっぱいの動画で、感動しながらみていました(^^)

E bookでも学んだんですが、動画で見ると改めて、あ!そういうことなのか!と目からウロコでした。

玄米の説明、野菜の皮付きの大切さ、などすごく分かりやすかったです!

食事改善、足つぼ、がんばります!本当にたくさんのギフトありがとうございます!いい報告でいるようにがんばります!」

とお声をいただいています。

あなたも今度こそ、子宮筋腫のお悩みをさよならしませんか?

まずは、無料EBook「子宮筋腫 改善の2大法則」をダウンロードしてくださいね!

フォーム送信後、42時間以内にダウンロードURLをメールしますので、しばらくお待ちください。

EBookの続編で応用となる「オンライン婦人科サロン(無料)」は、ダウンロード後、自動的にスタートします。

必要なければ、いつでも解除できますのでご安心ください。

それでは、これから一緒に、子宮筋腫のお悩みとさよならしましょう!