足つぼをした後は白湯ではなく他の飲み物でもいい?

足つぼをした後は白湯ではなく他の飲み物でもいい?

足つぼをした後は、白湯を500ml飲みましょうと、だいたいどこの足つぼ屋さんに行っても言われます。

婦人科専門の足つぼを日本で初めて立ち上げた「ワンドマユ」でも言っています、「ケアの後は白湯を飲んでくださいね」と。

でもよく聞かれます、「常温の水を飲んでるんですけど、それでもいいですか?」「白湯以外でもいいですか?」

答えは、「いいですけど、せっかくのケアの効果を減らしてしまいますよ」ということです。

もし、せっかくやった足つぼのケアの効果を100%享受したいならこの続きを読んでみましょう。

足つぼの後に白湯を飲む本当の意味

白湯はデトックス効果があるから

白湯、「さゆ」と読みます。一言で言うと、沸騰させたお湯を冷まして飲みやすくしたお湯のことです。

足つぼをした後は白湯ではなく他の飲み物でもいい?

足つぼの後は白湯とか、健康のために、ダイエットのために白湯!などよく言われるのですが、その理由の一つは、デトックス効果があるからなんです。

白湯は、沸騰させたお湯を冷まして飲みやすくしたお湯のことではありますが、実は、インドの伝統医学のアーユルヴェーダで、毒出しの飲み物として一番推奨されています。

朝起きた時にまず白湯を飲むと、内臓に溜まっている毒素や体内の老廃物を排泄する手助けをしてくれると言われています。

実際に朝、白湯を飲むと排泄が高まるのがわかります。それもそのはず、朝は”排泄の時間”でもあるので、デトックス効果のある白湯の作用と相まって、排泄が高まるのです。

実は、足つぼの後に白湯を飲むのも、このデトックス効果があるからなんです。

特に婦人科専門のワンドマユ式の足つぼは、足の老廃物をつぶして排泄させるいうやり方なので、ケアの後に白湯を飲むことで、その排泄が促進されて、足つぼの効果を高めてくれます。

白湯以外の飲み物を飲むと体が疲れるから

足つぼの後は、内臓の働きが高まっているので、消化、吸収力も高い状態です。そんな時に、栄養たっぷりのものを飲むと、体は消化と吸収をしないといけなくなり、排泄に100%の力を出せなくなります。

足つぼをした後は白湯ではなく他の飲み物でもいい?

足つぼの後、つぶれた老廃物が血液に乗って体外へ出ていこうとしているさなか、体が消化、吸収をしないといけないとなると、体はそちらに集中しだすので、老廃物を出すことをやめてしまいます。

せっかくつぶれた老廃物、行く先がないので、仕方なく元のポジションに戻るか、体内をグルグル回って、冷えた汚れた場所に居場所を見つけてしまいます。(これが子宮筋腫など病気の原因!)

足つぼの後は、栄養のない、ただただデトックスだけしてくれる飲み物がいいのです。

それが、白湯なんです!水でもなく白湯です。水は体を冷やします。常温とはいえ、内臓の温度より低いので、冷やします。

白湯は内臓を動かしてくれるから

足つぼのケアが終わった後、内臓が活性化されています。それをもっと動かしてあげることができるのが白湯。

白湯は内臓の温度より少し温かい温度で飲むので(飲んだ後、自分がポカポカ感じる温度がベスト)、内臓が温まり、より動きやすくなります。

内臓が温まれば、新陳代謝も高まるので、冷え性の解消につながります。

また内臓が温まると痛みの緩和にもつながるので、生理痛も和らげてくれます。

白湯は便秘解消につながる

足つぼの効果と白湯の効果で、腸が温まるので、腸が動き出し、便秘解消につながります。

また、正しい白湯の飲み方(後述)をすることで、便を柔らかくすることができ、排泄を促します。

白湯を飲めばダイエットにもなる

足つぼを続けると代謝が高まるので痩せやすくなりますが、白湯はさらにそれを促進してくれます。

ビールを飲みたいあなたの足つぼで子宮筋腫を小さくする方法

白湯を飲むと内臓の温度が上がり、新陳代謝が高まります。また、内臓の温度が1度上がると基礎代謝(生命維持のために消費される、必要最小限のエネルギー代謝量のこと)が10〜12%ほどアップするので、痩せやすくなります。

私たちが1日の間に消費するカロリーのおよそ6割が、基礎代謝による消費なので、基礎代謝が低下すれば太りやすくなり、基礎代謝が上昇すれば痩せやすくなります。

白湯は、基礎代謝を上昇させるので、ダイエットできるというわけ。

アーユルヴェーダ式白湯の作り方

なぜアーユルヴェーダで白湯が推奨されているのか。それは、アーユルヴェーダにおける”3つの要素”を全て含む魔法の飲み物だからなんです。

アーユルヴェーダでは、ヴァータ(風)、ピッタ(火)、カパ(水)という3つの要素(原子)で全てが成り立っていると考えています。

白湯にこの3つの要素が含まれるのは、正しい作り方をすればなのですが、正しい作り方をした白湯こそ、魔法の飲み物。カンタンなので、ぜひチャレンジしてみてください。

  1. 換気扇を回す(風)
  2. やかんや鍋に水(水)を入れ、強火にかける(火)
  3. 沸騰したら、弱火で10分程度熱し続ける
  4. 飲める温度になるまで待つ

足つぼをした後は白湯ではなく他の飲み物でもいい?

3つの要素が含まれていますよね!

朝、このように白湯を作って、保温ボトルに入れておくと便利ですよね。

ただ、毎日こうやって作れないという方もいると思います。白湯は飲まないより飲んだ方がいいので…、そんな時は、簡単に熱湯を沸かせるポットを使用することにしましょう。でも、時間のある日はこの方法で魔法の飲み物を作ってみてくださいね。

効果を高める白湯の飲み方

白湯の温度は37.5度から38度以上

白湯の温度は、内臓より高い温度が理想です、と言っても内臓の温度を知りませんよね。

内臓の温度は、体温より1度ほど高いと言われています。普通は37.5度から38度くらいで、39度になると熱中症になる温度です。

ちなみに、冷え性の内臓温度は、1度から2度も低いことが多いそうで、基礎代謝は約12%下がると言われています。(痩せにくい)

白湯の温度を設定する時は、37.5度から38度以上が良いですね。ただし、それで飲んでみて、体感としてポカポカする感じがあるかが大事です。

飲み終わった後、少し汗ばみそうなくらいで調整してみましょう。

白湯の量は足つぼの後なら500ml

足つぼの後は、500mlと言うのですが、これは、なるべく早く排泄ができるようにということで多めに飲みましょうということです。

足つぼをした後は白湯ではなく他の飲み物でもいい?

膀胱の容量は350〜500mlですが、200mlほど溜まると尿意を感じるそうです。

500ml飲めば、早く尿意を感じることができるので、汚れた老廃物が含まれた尿を素早く出すことができ、体内がどんどんクリーンになります。それは、足つぼの効果を高めているということ。

足つぼの後以外に飲むときは、状況に合わせて1回200mlくらいまでがいいでしょう。

白湯500mlは一気飲みせずゆっくり飲む

白湯はちびちびゆっくり飲みましょう。一気に飲んでしまうと、ただ内臓に負担をかけるだけです。

また、足つぼの後は、血中に漂っている老廃物を回収しながら腎臓、膀胱に持っていきたいので、一気に飲むと、ただ腸に到達して流れ出てしまうだけなので、ゆっくり飲んで体内にしっかり巡らせるようにしましょう。

白湯を飲むタイミングは3つ

白湯を飲むのは、まずは朝一。デトックスが高まります!朝起きたら、まず水を火にかける習慣を!

そして、空腹時。胃が空っぽの状態で飲むことで、神経系にも良い効果があったり、ストレスホルモンであるコルチゾールを生成する副腎機能の疲労を防ぐ効果もあります。

足つぼをした後は白湯ではなく他の飲み物でもいい?

食事中や食後は少しならいいですが、できるだけ食後30分以上空けて飲むようにしましょう。

最後は、足つぼの後です。すでに説明した通り、足つぼの後は老廃物がつぶれて排泄されるのを待っている状態。

このタイミングで白湯をゆっくり飲めば、がんばってつぶした老廃物が体外へ流れやすくなります。

白湯は、飲み方を間違わなければメリットばかりです。子宮筋腫などでお悩みの方には特に飲んでほしい魔法の飲み物!

ただ、初めて飲むとまずいと感じる方も多いです。味のついているものに慣れてしまっているのでそう感じてしまいます。また、体調が悪い時などもまずく感じやすいです。

そんな時は、美味しいと感じる”温度”を見つけてください。あなたにぴったりの温度があります。

ちなみに、レモンやスパイスを入れて飲みやすくするという手もあるのですが、足つぼの後の白湯に関しては、何の栄養もない”白湯のみ”の方がいいです。他のタイミングで飲むときは、味をつけてもいいですよ。

白湯は継続することで、体の調子もよくなり、美味しく感じるようになります。美味しく感じるようになった時、あなたの体の調子も上がっているという証拠!

その日を楽しみにしながら続けてみてくださいね。

無料Ebookダウンロード「子宮筋腫・改善の2大法則 」

CTA-IMAGE まだ悩み続けますか?もうやめにしませんか?子宮筋腫で悩むの。

「子宮筋腫の悩みをなくしたいけど、でもどうしたらいいのかわからない…」とお困りですか?

そんな女性がネットで検索してONE DE MAYU(ワンドマユ)を見つけてくださっています。

病院へ行っても治らないから、他の方法をさがし、ここにたどり着き、改善された方のお声の多さから、ここなら改善できるかも! と、たくさんの女性に希望を持っていただいています。

そして、「今まで何をしてもダメだったのに、子宮筋腫が小さくなりました!」というお声をいただいています。

あなたにとっても、ここが”子宮筋腫改善ための最後の場所”となりますように。

さて、2012年〜2018年まで営業していたONE DE MAYUは、「日本で初めての婦人科サロン」ということで、全国からお客様が来られ、営業中の約6年間、満席状態。 これまでに述べ3000人以上の女性をサポートさせていただき、たくさんの女性が子宮筋腫など婦人科のお悩みとさよならしました。

あなたもここに来たのなら、もう大丈夫! 子宮筋腫のお悩みから解放されるメソッドがあるからです!

あなたもお悩みから解放されたいなら、やってみませんか?

とってもシンプルな方法で、やれば効果を感じられるから、少しでもたくさんの女性にやってもらいたいということで、そのメソッドをまとめた、スマホやPCですぐ読める無料のEBookをご用意しています。

EBookでは、子宮筋腫などの婦人科系のお悩みを改善する方法の基礎を紹介しています。今すぐできることばかりですよ。EBookをご覧になった方は、

「こんなに盛りだくさんの内容で、ここまで教えてくださってありがとうございます。早速やってみます!」

「こんなにすべてを教えていただいていいんですか?というほど充実した内容でした。すぐにできることばかりだったので、早速足つぼや食事やっています。これからどう変わるのか楽しみです。」

というお声をいただいています。

EBookで基礎を学んだあとは、続編として応用がわかるオンライン婦人科サロン(メール&動画配信)をご利用いただけます。こちらも無料です。

現在、1600名以上の女性にご利用いただいており、

「動画2つ見せていただきました。まゆさんの愛と優しさいっぱいの動画で、感動しながらみていました(^^)

E bookでも学んだんですが、動画で見ると改めて、あ!そういうことなのか!と目からウロコでした。

玄米の説明、野菜の皮付きの大切さ、などすごく分かりやすかったです!

食事改善、足つぼ、がんばります!本当にたくさんのギフトありがとうございます!いい報告でいるようにがんばります!」

とお声をいただいています。

あなたも今度こそ、子宮筋腫のお悩みをさよならしませんか?

まずは、無料EBook「子宮筋腫 改善の2大法則」をダウンロードしてくださいね!

フォーム送信後、42時間以内にダウンロードURLをメールしますので、しばらくお待ちください。

EBookの続編で応用となる「オンライン婦人科サロン(無料)」は、ダウンロード後、自動的にスタートします。

必要なければ、いつでも解除できますのでご安心ください。

それでは、これから一緒に、子宮筋腫のお悩みとさよならしましょう!