しあわせの子宮あしつぼ

生理中は足つぼやってもいいですか?の答え

子宮のお悩みを解消しようと、足つぼをする方が増えてきました。

婦人科サロン発祥の地・ワンドマユでは、「子宮筋腫や生理痛などのお悩みを解消したいなら毎日セルフケアしましょう」といつもお伝えしていますが、毎日やっていると月経期に入り、「あれ?生理中ってやってもいいのかな?」と思ったことがあるかもしれません。

月経期でも足つぼはやっていただいてもいいのですが、注意点がありますのでお伝えしておきます。

生理中の足つぼホームケア、やってもいい?やらない方がいい?

生理の出血が多いのなら足つぼはやらない方がいい

足つぼをすると、全身の血流がアップします。ですので、生理の出血が増える場合があります。もし、月経過多で出血が多い場合は、生理中は足つぼのセルフケアをしないようにしましょう。

月経過多で出血が多く貧血気味なら足つぼはお休み

月経過多で出血が多い場合で貧血が気になる方は、生理の時は足つぼはお休みしましょう。こちらもやはり、出血が増える可能性があり、貧血を助長してしまう恐れがあるため。

また、月経過多でなくても子宮筋腫をお持ちの方は、貧血でお悩みの方が多いです。生理中は失血しますので、足つぼはお休みされるといいでしょう。

生理の出血量が気にならない人は足つぼはやってよし!

生理の出血量は多くなく、特に気にならないという方は、いつも通り足つぼのホームケアをやっていただいても大丈夫。

足つぼは、本来はいつでもやっていただける健康法(妊娠中はダメ)ですので、できる日は毎日行い、体調を整えていきましょう。

生理中に足つぼができない場合にやっておいた方がいいホームケア

生理中は足つぼはやらない方がいいと言われても…、生理中って足がむくみやすいし、何かケアできるといいですよね。そんな時におすすめのホームケアをご紹介します。

足つぼではなく足をやさしく揉むオイルマッサージをする

生理中は、足裏からの刺激はやめて、足をやさしく揉んであげましょう。

基本的に、いつでも足の血流を良くしておくことはとても重要で、積極的にやって欲しいことです。足裏を棒で刺激するのではなく、両手で足を包み込むようにもみもみするだけでOK。

むくみやすいひざ下は、オイルでマッサージすることをおすすめします。足首からひざ下にかけて、やさしく撫で上げるようにマッサージ。必ず下から上へあげましょう。

表面にオイルを塗るという感じではなく、やや圧をかけてオイルをすり込むようにするとむくみは解消されやすいです。オイルはお好きなものを見つけて、リラックスしながらやってみてくださいね。

足のストレッチ、かかと上げ下げ運動でむくみ解消

足つぼやマッサージ、ストレッチ、運動はどれも血流を上げるという部分で同じ役目をします。足つぼができない時は、他の方法で代用することができるというわけ。

出血が気になる時は、運動もしにくいという場合も多いので、足のストレッチをやってみましょう。ふくらはぎや足首を伸ばしたり縮めたりするストレッチが有効です。

また、足の指をストレッチするのも良いですね。

簡単な室内でできる運動として、かかとの上げ下げ運動はとてもおすすめです。第二の心臓と言われるふくらはぎの筋肉をポンプすることができ、むくみ解消に効果あり。20〜30回を1セットに3セットくらいやってみましょう。

ふくらはぎや足首、足の指は、運動しないとなかなか動かさない部分で、血流が滞りやすいですので、足つぼができる日でもいつでも習慣としてすることをおすすめします。

生理中は、出血量により、足つぼはお休みされるといいのですが、生理中以外の日に毎日ホームケアをやって、生理中でも気兼ねなくケアできるような体を目指すのが本来の考え方。足つぼを毎日の習慣にして、月経過多などの生理にまつわるお悩みを解消していきましょう。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP