日本初の婦人科サロン直伝・自分で子宮筋腫の悩みを解決するブログ

  1. 子宮筋腫のための体質改善

子宮筋腫改善のために婦人科を探すあなたにおすすめの意外な改善法

ワンドマユは、日本で初めて”子宮筋腫を小さくするための婦人科サロン”として2012年にオープンしました。

お客様からは「まさかこんなサロンがあるとは思ってなかったので驚きました」と言われていました。

そうですよね。普通は、子宮筋腫を改善するのは病院って思ってしまいます。まさか”婦人科サロン”があるなんて。

それに、サロンできちんと小さくできるなんて…。病院では小さくならなかったのに

多くの方は、子宮筋腫を小さくする方法を病院以外に思いつかないので、驚くのはむしろ当然のこと。

もしあなたも”婦人科”を探していてここに辿り着いたのなら、頭の中が混乱しているかもしれませんが、一度読み進めていただくことをおすすめします。

※婦人科(病院)へ行かないでと言っているのではありません。必要な治療は主治医の指示に従って受けてください。ここでは、病院に頼りっぱなしではなく、あなた自身が体を変えていくことも必要ということをお伝えしています。

婦人科(病院)ではないのに子宮筋腫を小さくできるワケ

子宮筋腫の真の原因を婦人科は伝えていない

婦人科に行くと、子宮筋腫の原因はホルモンバランスなど言われることがあります。

調べてみても、子宮筋腫の原因は女性ホルモンの影響が考えられるとのこと。確かに、女性ホルモンは関係しているはずですが、これは真の原因ではありません。

婦人科サロンでは真の原因を伝えているから

婦人科サロン・ワンドマユでは、子宮筋腫の真の原因を伝えています。

正しい明確な原因さえわかれば、結果は必ず変わるので、ワンドマユではたくさんの女性が「病院では小さくならなかったのに、ここで小さくなった」ということが起こるのです。

婦人科で子宮筋腫が小さくならないのは、正しい明確な原因を伝えていないからです。

婦人科では教えてくれない子宮筋腫の原因

子宮筋腫←女性ホルモンバランス←◯◯◯◯

真の原因とは、子宮筋腫という結果を出してしまった”本当の根本部分”です。

女性ホルモンのバランスが乱れている等は根本部分ではないんです。なぜなら、女性ホルモンのバランスが乱れることにも原因があるからです。

その答えこそ、真の原因です!

子宮筋腫ができたのは、女性ホルモンバランスが原因。では女性ホルモンバランスが乱れた原因は?それは…。とここまで掘り下げて答えはでてきます。

女性ホルモンバランスが乱れる原因さえわかれば、あなたの子宮筋腫も小さくなるかもしれません。

やっぱり?それとも驚き?子宮筋腫の真の原因はこれ!

子宮筋腫ができたのは、女性ホルモンバランスが原因。では女性ホルモンバランスが乱れた原因は?それは…、生活習慣です。

「あー、やっぱり」なのか「え?生活習慣なの?」と驚いたのか、人それぞれだと思いますが、至って普通の回答にはなりますが、これぞ真の原因です。

生活習慣しかありません。

あなたの今の体の状態は、あなたのこれまでの生活習慣により作り上げられた以外に他なりませんよね?

これまでの生活習慣により、女性ホルモンバランスが崩れるなどして、その結果、子宮筋腫となっているのです。

だから、これからやるべきことは、生活習慣の見直しです。

今、婦人科へ通っているのなら、生活習慣の見直しをしながら、治療を受けましょう。そうすれば、治療も良い結果をもたらすでしょう。

病院に頼りっぱなしが一番良くないのです。あなたの体はあなたにしか変えられません。あなたが変われば、体は変わるのです。

必要な治療を受けながら、あなた自身が変わっていけばいいんです。そうすれば、あなたの未来には必ず良い結果が待ってくれていますよ。

子宮筋腫のための生活習慣改善で多くの方がやる落とし穴3つ

睡眠を早くして睡眠時間をたくさん取る、ではない

多くの方は、生活習慣の改善となると、睡眠時間を増やそう、少しでも早く寝ようとします。

もちろん、それはやっていただきたいことです。遅く寝るより、寝不足より、早寝早起き、十分な睡眠、これが理想的!

しかし、それだけでは子宮筋腫は小さくなりませんし、生活習慣の改善とはそういうことではありません。

体に良さそうなものを食べる、でもない

生活習慣の改善をしようと思ったら、食事を改善する人も多いです。

「チアシードがいいみたい!」「オートミール食べてみよかな」「プロテインが必要かも!」

最近は、特に横文字が目立ちますが(笑)、食改善となると、体に良さそうなものを食べる人が急増します。

でも、そのやり方は間違っています。実際にそれで子宮筋腫が小さくなるのであれば、今ごろたくさんの方が小さくなっているはずです。

運動をする、でもない

運動も確かに必要です。やらないよりやった方がいいですよね。普段から適度な運動は心がけましょう。

でも、生活習慣の改善とは、そういうことではないんです。

婦人科サロンが教える、おすすめの生活習慣改善法

やりすぎている生活習慣を変える

あなたは、やりすぎているな〜と感じる生活習慣はないですか?

たとえば、運動しなさすぎている。ゴロゴロしすぎている。

落ち着かなさすぎ。常にバタバタしている。

完璧を目指して頑張りすぎ。集中がすごくて呼吸が浅すぎ。

そういう「やりすぎていること」をやめる、もしくは減らすこと。

これが、実は子宮筋腫を小さくするための生活習慣の改善法なんです。

足を毎日同じ方向に組んで座っていたら、骨盤が歪みます。それも足を同じ方向に組みすぎた結果起こった不調(歪み)

バッグを右肩にかける習慣があるのなら、右肩が上がってしまいます。右肩にかけるということをやりすぎた結果起こった不調です。

スマホを見すぎてストレートネック(不調)になってしまうのもそう。不調は、やりすぎた結果起こります。

子宮筋腫も同じです。例えば、甘いお菓子を食べすぎたとか、体を冷やすぎた、ヒールをずっと履いていた…。そういう習慣があれば、原因になっていそうですね。

でも、子宮筋腫ができるのは、そういう習慣と他にもいろんな習慣が混じり合ってのこと。

習慣とはあなたがやっていること全てですので、ただ単に甘いお菓子だけ食べすぎたことが原因ということではありません。

あなたにおすすめの生活習慣改善法はこれ!

ネットで「生活習慣の改善」と調べると、先程あげたように、睡眠や食事、運動などが出てきます。

でもそれは言ってみたら当然のことで、やるべきことであり、最低限です。

それがあっての、その他の改善も必要ですよ、ということなんですね。

睡眠、食事、運動で健康になれてたら、今頃こんなにたくさんの情報はいりませんよね。

それらをやっても健康になれない人がたくさんいるのは、それだけではないということです。生活習慣の改善というのが。

でも、他に何をすればいいのかわかりにくいですよね。生活習慣と言っても、無意識でやっていることなので、どこを改善すればいいのかと…。

そうです、無意識だから変えられない。だから、体が変わらない。なので、長年の悩みとなってしまう。

多くの方はこうやって、体の悩みを慢性化してしまっているのです。

生活習慣をどう変えるのかについて、詳しく「ここを変えましょう!」とお伝えしたいところなのですが、あなたがやりすぎている習慣を変えるというのが答えなので、あなたにしか答えがわかりません。

あなたがやりすぎていると感じる生活習慣をまずは書き出してみることを、おすすめします。

そして、それをやることを減らしたり、なくしたりするのです。

睡眠時間が少ないのなら、もちろん増やしましょう。食生活が乱れているなら、正すのです。運動していないことに気づいたら、運動するのです!

それらは当然やるんです。そのほかにもやるべきことが、書き出すことで見つかるはずです。

とはいっても、難しい…という方は、以下の記事がおすすめです。ヒントになりますよ。

日本初の婦人科サロン・ワンドマユの公式LINEにご登録いただくと、子宮筋腫を改善する方法を詳しく解説した動画5本をプレゼントしています。

本当に子宮筋腫を改善したいという方は、以下のバナーをクリックしてくださいね。LINEについての詳しい内容がわかります。

子宮筋腫のための体質改善の最近記事

  1. 仕事で心身ともに疲れてはいるけど前向きに頑張りたい女性へ

  2. 子宮筋腫の経過観察中にする足ツボの最初3ヶ月はデトックス期

  3. 今年こそは!子宮筋腫も卵巣嚢腫も改善して悩まない年にする方法

  4. 子宮筋腫を大きくさせない年末年始の生活習慣

  5. 子宮筋腫を小さくするには朝食抜きがいいの?

関連記事