iTubo(あいつぼ)

子宮筋腫と生理不順を足つぼで改善したかったけど無理だったケース

のべ3000人以上の女性のサポートをしてきた婦人科サロン発祥の地「ワンドマユ」では、子宮筋腫などのお悩みを改善した方がたくさんいらっしゃいますが、改善しなかった方もいます。

改善しないケースは、全員、足つぼや食改善ができていない、もしくは不調を乗り越えるほどの量の実践ができていなかったから。ただそれだけです。Yさんもがんばったのですが、残念ながらサロンに来ている間には改善はしませんでした。

でも、体が若返ったように動けるようになり、たくさんの習い事を楽しめるほど日常を楽しまれています。

改善したのは花粉症だけ

子宮筋腫も生理不順も花粉症も実は同じ原因

ワンドマユに来られていたお客様で花粉症をお持ちの方は多かったのですが、全員が改善したか軽減されました。

Yさんもそのお一人です。なぜ子宮筋腫の改善にとサロンに来られたのに花粉症が改善するのか。

子宮筋腫と生理不順を足つぼで改善したかったけど無理だったケース

それは、花粉症と子宮筋腫など婦人科系のお悩みの原因が同じだから。

その原因とは、腸の質。腸は血液を作る器官なので、腸の質が良くなると、血液の質が良くなり、良質な血液が全身を巡るようになると、体は元氣になります。

特定の症状が良くなるというより、体が元氣になる=体全体の機能が底上げされるという感じになるので、軽い悩みから順に良くなっていきます。

Yさんの場合の花粉症はいろんな悩みの中でも歴も短く軽い方でした。だから、花粉症からよくなったのです。

子宮筋腫と生理不順の重症度は足裏に出ている

ワンドマユでは、足裏を見て体調を予測し、それに合わせて改善計画を立てて施術していきます。

Yさんの足裏は紫っぽくなっていて、かかとや指などに角質がたくさんできていました。全体的に厚みもあり、ガサガサしていて硬い。これは見るからにお疲れで、しんどいだろうな〜という足裏。

足裏が青っぽい場合の子宮筋腫を小さくする東洋医学的足つぼ法

婦人科系の悩みがあるのは納得がいく足裏です。花粉症などのアレルギーにもなりやすいだろうなと思いましたが、婦人科系の悩みほどではないこともわかりました。だから、花粉症は先に良くなったのです。

しかしこの足裏の状態、かなりケアを頑張らないといけません。重症度にもし1から10の度合いがあるとすると、Yさんの場合は10です。

改善までには期間とケアの頻度と量、どれだけ徹底してできるかです。

子宮筋腫と花粉症を発症させる食べ物が好きだった

サロンではカウンセリング時に食事内容を伺います。食事が体を作るので、どんな食生活を送っているかで原因が見えてくるのです。

Yさんは、朝は食パンにハムかチーズを乗せて、季節に合わせたフルーツと紅茶、食後にコーヒー。お昼は前の日の残り。夜は、ご飯(時々雑穀米)、味噌汁、野菜中心とのこと。

この食生活のどこに子宮筋腫と花粉症を発症させる食べ物が入っているのか…。まず朝食ですね。食パンに使われる小麦、乳製品、フルーツ。フルーツは、健康な人が適度に食べるのは問題ないのですが、Yさんの場合は、あまり食べない方が良い体の状態です。

子宮筋腫と生理不順を足つぼで改善したかったけど無理だったケース

フルーツは体を冷やすし、婦人科系の悩みのある女性は、余分な水分を溜めがちです。またフルーツに含まれる果糖は、肝臓で代謝されますが、中性脂肪に変換され太りやすくもなり、それが体調不良にまで繋がります。

小麦や乳製品は言わずと知れた、腸を汚す元凶!すぐにやめないと花粉症も悪化するし、子宮筋腫も大きくなってしまいます。

子宮筋腫と生理不順を改善するより楽しいことが起こった

Yさんは、足つぼも食改善も出来る限りはされましたが、改善するためにと考えると全く足りない状況。

足の状態は、かかとなどの角質やカサカサはだんだん良くなってきていたのですが、色は紫色のまま変化なし。厚みもほとんど変わらないままでした。

足の状態が体の状態なので、ワンドマユ式の足つぼをして足の状態を変えないといけないのですが、それができませんでした。

食事についても、あまり変わらない状態…。朝のパンもサロンに来られている間は変わらないままだったのです。

しかし、Yさんは体調は良くなり、以前より動けるようになっていました。おかげで、ずっとやりたかったフラダンスやネイル、語学など様々な習い事ができるようになっていました。

「子宮筋腫の改善はできなかったけど、というかまだわからないですよね、これからもできることはやりますが、でもここに来て体調が良くなって、習い事ができるようになったので、それだけでうれしいです。

やりたいことができるって本当にしあわせですよね。自分らしくなれたと思っています。足つぼは続けられるかちょっと自信ないんですけど…、またサロンにお邪魔してやってもらおうかな。ごめんなさい、やっぱり自分ではセルフケアできないです」

多くの方が、子宮筋腫を小さくしたいとサロンに来られるのですが、みなさん、元氣になって自分らしさを手に入れます。自分らしく生きられるのはしあわせなことです。体調などによる制限がない状態、自由な状態です。なんでも自分で選択して、好きなことができるのです。

忘れていませんか?あなたには自由に選択できるんですよ。好きなように生きることができるんですよ。

もし、今好きなように生きていないのなら、自分らしくないのなら、それを妨げる原因の一つに、体調不良があるかもしれません。

子宮筋腫が小さくなればそれは言うことなしですが、でも体調を少しでも良くしてみるだけでも、全然日々の景色が異なりますよ!

体調を少し良くするくらいなら、足つぼと食事を少し変えるだけでもできます。それも比較的短期間で。

まずは3ヶ月、やってみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP