Warning: getimagesize(https://onedemayu.com/wp-content/uploads/2020/02/ONE-DE-MAYU2.png): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/onedemayu/onedemayu.com/public_html/wp-content/themes/wp-site-master/inc/setup/functions/seo_setup.php on line 315

Warning: getimagesize(https://onedemayu.com/wp-content/uploads/2020/01/a7806bbc0175cedbdd3e643aee5e43e5.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/onedemayu/onedemayu.com/public_html/wp-content/themes/wp-site-master/inc/setup/functions/seo_setup.php on line 315

Warning: getimagesize(https://onedemayu.com/wp-content/uploads/2020/02/ONE-DE-MAYU2.png): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/onedemayu/onedemayu.com/public_html/wp-content/themes/wp-site-master/inc/setup/functions/seo_setup.php on line 315

Warning: getimagesize(https://onedemayu.com/wp-content/uploads/2020/02/ONE-DE-MAYU2.png): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/onedemayu/onedemayu.com/public_html/wp-content/themes/wp-site-master/inc/setup/functions/seo_setup.php on line 315

足つぼセルフケアで過多月経で貧血の改善に押すといい場所は?

子宮筋腫の足つぼの場所・セルフケア

子宮筋腫があり、過多月経で貧血でお困りの方は、足の子宮と卵巣の場所をあらわす”かかと”と胃をあらわす土踏まずを刺激しましょう!

「なんで貧血には胃なのかわかりませんでしたが、しっかり足つぼしてたら土踏まずが出てきてアーチができました。ずっと続けているうちに、大量の出血が減ってきました。すごいですね、足つぼ!」

「鉄剤に頼りっぱなしでなんとかならないかと探し、こちらの足つぼにたどり着きました。言われたとおり、胃と子宮と卵巣の場所を削って(ケアして)います。ようやくヘモグロビンが12まで上がったとのことで鉄剤に頼らなくてもよくなりました。足つぼのおかげです。」

これらは、足つぼのセルフケアをされた方のお声です。

あなたもどこかで、足つぼが子宮筋腫や、過多月経の貧血を改善すると聞きましたか?

「でも足つぼって初めてだし、場所はどこを押せば?」と思いますよね。今から、画像と動画付きでシンプルなケアを解説しますね。

 この記事の目次

婦人科系の悩み解消!過多月経の貧血改善足つぼの場所

子宮をあらわす場所・かかとの内側の側面

子宮をあらわす場所は、かかとの内側の側面。この三角地帯が、子宮をあらわす場所で、「反射区」といいます。

子宮筋腫の足つぼの場所・かかと

このあたりは、坐骨神経といって、腰に通ずる神経がいっぱい走っています。だから、痛いです。

気をつけて刺激してくださいね!最初は緩めでいいですよ。

卵巣をあらわす場所・かかとの外側の側面

卵巣をあらわす足の場所は、かかとの外側の側面です。この三角地帯が、卵巣をあらわす反射区です。

子宮筋腫の足つぼの場所・かかと

こちらも子宮の反射区と同じく、坐骨神経が走っているので痛く感じやすいです。痛すぎる場合は、指でさするなど緩めに刺激してくださいね。

生殖腺をあらわす場所・かかとの裏

生殖腺というのは、女性ホルモンを分泌する器官のことで、子宮筋腫による過多月経、貧血のための足つぼマッサージをするなら、ぜひ知っておいてほしい場所!

生殖腺の反射区は、かかとの裏全体です。かかとの側面だけでなく、裏もしっかり刺激しましょう。

子宮筋腫の足つぼの場所・セルフケア

子宮筋腫や過多月経のある方は、かかとの裏が冷たく硬くなっていることが多いです。また、かかとの縁(ふち)がガサガサしたり、角質っぽくなったりしていることも多いです。

かたくてケアしにくい場合は、お風呂上がりなど、柔らかくなっているときに、まずはもみもみしてみましょう。続けると、柔らかくなりますよ!

貧血の改善のための足つぼは胃の場所も

胃をあらわす場所は、土踏まずの上部。

過多月経と貧血のための足つぼの場所・胃

「貧血で胃?」と思うかもしれませんが、胃でしっかり消化することで血液を造ることができるので、貧血には胃の強化が必要なんですよ。

誰でも、かかとは子宮や卵巣、土踏まずは胃。その理由は?

「なんか不思議。なんでかかとが子宮や卵巣で土踏まずが胃なの?」

きっとネットで調べると、子宮力や卵巣力アップには、かかとをケアしましょうって出てくるはず。

“誰でも”かかとは、子宮や卵巣をあらわす場所です。土踏まずは胃なのです。

私も足つぼを詳しく知らない時は不思議で仕方ありませんでした。
怪しい…とすら思っていましたよ。しかしこれにはキチンとワケがあるんです。

実は、足っていうのは、カラダの縮図なんです。こうやって、足を前に投げ出して座ってください。両足をピタッとくっつけて。

子宮筋腫の足つぼの場所・セルフケア

これで、”あなた”と足の中にいる小さな”あなた”が存在しています。

投げ出した両足の指、それってあなたの脳をあらわす場所なんです。指の下には、肩や肺をあらわす場所があります。あなたのカラダも脳があって、その下に肩や肺がありますよね。

子宮筋腫の足つぼの場所・セルフケア

その下、土踏まずのところは胃です。あなたのカラダも肺の下には胃があります。

土踏まずの下は、腸。あなたのカラダも胃の下に腸がありますね。

腸の場所の下には、かかとがあります。カラダの腸の下には、骨盤があり、その中に子宮や卵巣が入っていますから、かかとは、骨盤や子宮、卵巣をあらわします。

このように、あなたのカラダがすっぽりそのまま足の中に入っているんです。カラダの構造(どこにどの臓器があるか)が誰でも同じように、足の構造(どこにどの臓器の反射区がるか)も誰でも同じなのです。

女性専門足つぼサロンが教える足つぼセルフケア方法

足つぼセルフケアをする前の注意事項

セルフケアをする前に、こちらを必ずご確認ください。

・妊娠中、もしくは可能性がある場合はケアしないこと

・食後は30分以上あけてからケアすること

・感染症、発熱、風邪(っぽい)場合、重度の心臓病、腎臓病、糖尿病の場合はケアは禁止

・生理中は出血が増えることがあるので、気になる方はしない

・手術後6ヶ月以内はしない、もしくは医者の許可が出ればOK

・高血圧の場合、血圧が上がる恐れがあるので、弱め、時間を短めにして調整する

・不調を感じる日はしないこと

足つぼのセルフケアは、自己責任のもと、行ってください。無理をしないでくださいね。守っていただければ、安全でカンタンなケアですからね!よろしくお願いします。

押すだけでは足りない?!本当に効く足つぼセルフケア

場所がわかったところで、押してみる方は多いと思いますが、実は、押すだけでは効果は弱いんです。

「押す他に、なにがあるんだろう…」
ですよね…。あるんです、やり方が。

それは、彫刻です。

「え?!彫刻って、あの?」
そう、あの彫刻。足を削ってしまってください 笑

子宮筋腫の改善のための足つぼ

小学生のころ、図工の時間にやりましたよね。彫刻!足をまるで彫刻するかのようにケアするんです。

子宮のケアは、足つぼの棒を使うのがおすすめ

彫刻する足つぼセルフケアは、手の指の関節を使ったり、足つぼ用の棒を使ったりします。おすすめは、足つぼ用の棒です。

子宮筋腫の改善のための足つぼ

指の関節を使うと、使い慣れない格好や力が加わるので、指を痛めることがあるんです。腱鞘炎になってしまったり。力が入りにくいっていうこともあるので、棒をおすすめしています。

(棒で痛すぎるときは、まずは指の腹でさすったりしてみてくださいね)

棒を彫刻刀に見立てて、足をキレイな形にする(彫刻する)という意識でケアすると上手にできますよ。

刺激するというより、キレイな形をつくるという感じ。足つぼってアートなんです。ぜひそんな意識でセルフケアやってみてくださいね。

足つぼセルフケア・彫刻の仕方

まず、棒を持つ時は、グーでしっかり持ちましょう。鉛筆持ちみたいな、かわいらしいのはNGです 笑

グーでしっかり握って持って、ケアしたい場所にグーッと棒を入れ込みます。(慣れていないと痛いので、加減してください)

過多月経と貧血のための足つぼの場所・胃

そして、入れたまま、彫刻するように少しずつ棒を動かします。
入れたままっていうのがポイント!

グーッと入れて、フワッと緩めてから棒を動かすのではなく、”入れたまま”棒を動かしていきます。

動かすときに、「かかとを削る、かかとが小さくなる、かかとがぺたんこになる、キレイなかかとを作る、土踏まずのアーチができる、彫る、薄っぺらくする」という感じで意識しましょう!

過多月経による貧血の足つぼセルフケアの順番

日本初の”足つぼ婦人科サロン”セラピストが教える、効果が増すケア方法をご紹介します。

それは、最初と最後に「腎臓・輸尿管・膀胱」の反射区を彫刻すること。

子宮筋腫の足つぼの場所・腎臓

「腎臓・輸尿管・膀胱」は排泄の器官なので、ケアの最初と最後に彫刻することで、排泄を促します。

排泄がしっかりできるようになると、カラダに溜まった余分な水分が出ていき、むくみが解消され、冷えもよくなりますよ。

冷えは子宮筋腫の原因にもなるので、「腎臓・輸尿管・膀胱」はしっかり彫刻しましょう。

腎臓の反射区は、上から下へ、そら豆大くらいの大きさの面を彫刻します。

子宮筋腫の足つぼの場所・腎臓

輸尿管は、腎臓から出て、カタカナの”ノ”の字に降りていきます。

子宮筋腫の足つぼの場所・輸尿管

膀胱は、輸尿管を降りてきたかかとの斜め上。10円玉くらいの大きさの面を彫刻します。

子宮筋腫の足つぼの場所・膀胱

消化力アップして血液を造り貧血解消

次に胃の場所です。土踏まずの上部です。こちらを上から下へ彫刻します。

過多月経と貧血のための足つぼの場所・胃

土踏まずは奥まで棒が入るので、グーッと入れると最初は痛く感じます。加減しながらケアしてくださいね。

子宮、卵巣、生殖腺の足つぼセルフケア

まずは、かかとの裏・生殖腺。上から下へ彫刻しましょう。

卵巣嚢腫の足つぼの場所・セルフケア

そして、子宮や卵巣の場所。棒を動かす方向は、横、ななめ、縦(上から下)などやりやすい方向で大丈夫!

子宮筋腫の足つぼの場所・セルフケア

卵巣の場所は、ケアしにくいのでやりやすい姿勢を見つけてくださいね。膝を立てたり、膝を内側に倒したり…、工夫してみてくださいね。

子宮筋腫の足つぼの場所・卵巣

順番をまとめると、「腎臓→輸尿管→膀胱→胃→生殖腺→子宮→卵巣→腎臓→輸尿管→膀胱」です。

コツは、広く”面”で捉え、基本は上から下へ

足は、反射区という区切り線がついているぬり絵だと思ってください。棒は、クレヨン。

子宮筋腫の足つぼの場所・セルフケア

余すことなく塗りつぶすイメージで、じーっくり棒を端から端まで動かしましょう!

基本は、上から下ですが、子宮や卵巣は横や斜めなどやりやすい方向でオッケーです。

ケアが終わったら、すべての場所に色がついているというのが上手なセルフケア。そんなぬり絵のイメージで…、棒の動かし方は彫刻です!

注意:同じ場所ばかり彫刻しないようにしましょう。痛める場合があります。ぬり絵でも面を行ったり来たりしながら同じ場所ばかり塗ることはしないように、足つぼセルフケアでも行ったり来たり、面を全体的に彫刻していきましょう。

足つぼの場所はここでいいかな〜って神経質にならない

セルフケアをするとき、「場所がわからいんです。あってます?」「いっつも場所に悩むんです。この辺かな〜って。ここであってますかね?」

…って、みなさん、結構神経質! 笑

私なんて、「だいたい当たってるっしょ!」ってくらいでやってます 笑

でも、それくらいでいいんですよ。”面”で広めに各反射区を捉えていたら、そしてきちんと塗りつぶすように彫刻できていたら、どこかで必ずあたってます!

だから、心配しなくていいですよ。神経質は、子宮筋腫によくないですから〜。フワ〜っと楽しく(でもゴリ〜っと彫刻!)「だいたいこの辺よね〜」っていう感じでやってみてくださいね。

そのうち、不思議と「ここ子宮の場所だわ」ってなんとなーくわかってきます。やっぱり自分のカラダだし、なんか感じるものがあるのでしょうね。

子宮筋腫のための足つぼセルフケアは何分くらい?

足つぼのセルフケアの時間は、1つの反射区に対して、最大5分までです。

子宮筋腫を小さくしたいという一心で10分も20分もすると、かえって臓器の子宮が疲れてしまいます。それに、かかとも痛くなったり、皮がむけたりしてしまうことがあります。

大事なのは、1回のケアの長さではなく、毎日コツコツ、毎日ケアすることです。

週末だけ1時間のケアより、毎日5分のケアの方が効果的です。

足つぼマッサージをするおすすめの時間帯は?

時間帯は、あなたが楽しくケアできるベストタイムでお願いします!

続けること、リラックスできること、ストレスなくできることが大事なので、ご自分のライフスタイルに合わせて時間を見つけてケアしてくださいね。

もしおすすめを言うのなら、朝イチ。

朝は、カラダにとってデトックスの時間なので、デトックス力のある足つぼやマッサージは朝すると、デトックスが増してカラダがスーッとしていいですよ。

夜の足つぼなら、お風呂上がりがいいですね。カラダが温まっているので、足も柔らかくてケアしやすいです。ケアをしてポカポカしているうちに寝ると、よく眠れるという方は多いですよ。

でも逆に、「カラダが興奮状態になってしまって寝付けない」という方もたまにいらっしゃいます。

いろんな時間にやってみて、あなたにぴったりの時間帯を見つけてくださいね!

先ほどの注意事項のところでも言いましたが、食後30分以外はいつでもやっていただいて大丈夫ですからね。

足つぼセルフケアが終わったあとの過ごし方

足つぼセルフケアが終わったら、白湯を500ml飲みましょう。

白湯は、ちびちび飲めるくらいの温かさで、熱すぎない温度で。飲んだ後、カラダがポカポカするな〜というくらいの温度を見つけてみましょう。

白湯はガブガブ一気飲みするのではなく、ゆっくりちびちび飲んでくださいね。

ケアが夜になるときは、500mlも飲むとトイレに起きてしまうことがあるので、夜ケアのときは、コップ1杯か自分が起きないでいられる量。朝起きたら、白湯を500ml、しっかり飲みましょう!

朝イチの白湯は排泄を増やしてくれるので、デトックスになってカラダもすっきり!いつもより動ける1日になりますよ。

足つぼってどれくらい続けると効果が出るの?

足つぼは自然療法なので、1日や1週間やって効果があるというものではありませんが、続けることで、現代医学では考えられない改善が見られます。

婦人科の検診で「小さくなってますね、子宮筋腫。何かしました?」と医師に言われて「足つぼです」と答えておかしな子に見られる(笑)ことがよく起こっていて、現代医学の医師でも考えられないことなのですが、実際に、子宮筋腫が小さくなるということが起こっています。

どれくらいで…というのは、子宮筋腫の改善というゴール、冷え改善のゴール、貧血改善のゴールなど、ゴール(目標)によってもどれくらい続けるといいかが異なります。

やはり子宮筋腫となると少し時間がかかります。「婦人科サロン発祥の地・ワンドマユ」のお客様で早い方だと6ヶ月でした。1年や2年で小さくなったという方もいらっしゃるし、3年という方も。

どれくらいで効果があらわれるかは、その人の体質や住んでいる環境、ライフスタイル、病歴やケア量によって異なります。

少しでも早く子宮筋腫が小さくなればな〜って思っているのであれば、毎日コツコツやってみましょう。

1日1時間もする必要はありません。腎臓〜膀胱と胃、子宮、卵巣、生殖腺の反射区を全部合わせて片足5〜10分ほどでいいですよ。それをできるだけ、毎日やってみてくださいね。

足を”彫刻”する理由とは?

足つぼが好きで毎日セルフケアをされて、押し続けていたKさんは、「彫刻しだしてから、効き目が全然違います!!驚いています。この足つぼ。」とおっしゃっています。

足つぼには、実は彫刻する”目的”があるんです。あなたも彫刻されると、近いうちに効果に驚きます。

足つぼは、”強く押す”ことではなく、”足の状態を変える”のが目的だから

足つぼというと、足裏を痛く刺激してギャー!みたいなのがイメージとしてありますよね。それ、かなり歪められたイメージです 笑

そうでなくても、”押して刺激する”というのが足つぼマッサージの主流です。

しかし、日本で初めて足つぼで婦人科系の悩み解消サロンをオープンしたワンドマユでは、”彫刻”をしています。それにはワケがあって、カンタンに言うと、

・足の状態=カラダの状態
なので、

・足の状態を変える=カラダの状態が変わる
ですから、

・足の状態を変えるには彫刻が必要
ということなんです。押すだけでは状態は変わりにくいんです。

子宮筋腫の改善のための足つぼ

足の状態というのは、大きい、冷たい、むくみ、ガサガサ、色が悪い…など、いろんな状態ってありますよね。こういう状態って、実はカラダからのサインなんです。

「え、足がなんか調子悪いってことじゃなくて、カラダからのサインなの?」

そうなんです。かかとのガサガサって、かかとの不調だと思っていますよね。でも実はそれって、「子宮が冷えているよ」「子宮が疲れているよ」っていうサイン。

カラダはしゃべれないので、足にサインとして出てきてくれているんです。

過多月経でお悩みの方は、かかとが大きくなっていたり、ぶよぶよしていたり、逆に硬かったり、冷えている人が多いです。ガサガサして白っぽくなっている人も多いですね。

共通しています、子宮筋腫などの婦人科系のお悩みのある方は。

共通しているっていうことは、やっぱり足の状態=カラダの状態ということなんです。同じようなカラダの状態(子宮筋腫があるなど)であれば、同じような足の状態になるのです。

足の状態さえ変えれば悩みはなくなる!と開発された足つぼ

ワンドマユのセラピスト、梶原は大病をして、足つぼで改善することができました。

足つぼのことを学ぶうちに、「足の状態がカラダの状態ってことか。ということは、足の状態を変えればいいのね」と気づき、やっているうちに、彫刻ぽいな〜って思って、「彫刻するんですよ〜」と教えるようになりました。

子宮筋腫とさよなら!自分でできる自然療法と体質改善・基礎編セミナーin 東京・大阪

梶原が自然にセルフケアでやっていたことが、そのままの形で、みなさんに子宮筋腫の改善のために役立っています。

なんといっても、彫刻する足つぼで、大病をし、妊娠出産ができないと言われた私が、大病を改善、妊娠出産もできたのですから!

婦人科系のお悩みの方に元氣に、しあわせになってほしい!と思って、彫刻する足つぼ(しあわせの子宮あしつぼ®︎)を広めているんです。

これまでにたくさんの女性が、彫刻する足つぼケアをされてお悩みから解放されていますよ。

あなたもぜひ続けてやってみてくださいね。

無料Ebookダウンロード「子宮筋腫・改善の2大法則 」

CTA-IMAGE まだ悩み続けますか?もうやめにしませんか?子宮筋腫で悩むの。

「子宮筋腫の悩みをなくしたいけど、でもどうしたらいいのかわからない…」とお困りですか?

そんな女性がネットで検索してONE DE MAYU(ワンドマユ)を見つけてくださっています。

病院へ行っても治らないから、他の方法をさがし、ここにたどり着き、改善された方のお声の多さから、ここなら改善できるかも! と、たくさんの女性に希望を持っていただいています。

そして、「今まで何をしてもダメだったのに、子宮筋腫が小さくなりました!」というお声をいただいています。

あなたにとっても、ここが”子宮筋腫改善ための最後の場所”となりますように。

さて、2012年〜2018年まで営業していたONE DE MAYUは、「日本で初めての婦人科サロン」ということで、全国からお客様が来られ、営業中の約6年間、満席状態。 これまでに述べ3000人以上の女性をサポートさせていただき、たくさんの女性が子宮筋腫など婦人科のお悩みとさよならしました。

あなたもここに来たのなら、もう大丈夫! 子宮筋腫のお悩みから解放されるメソッドがあるからです!

あなたもお悩みから解放されたいなら、やってみませんか?

とってもシンプルな方法で、やれば効果を感じられるから、少しでもたくさんの女性にやってもらいたいということで、そのメソッドをまとめた、スマホやPCですぐ読める無料のEBookをご用意しています。

EBookでは、子宮筋腫などの婦人科系のお悩みを改善する方法の基礎を紹介しています。今すぐできることばかりですよ。EBookをご覧になった方は、

「こんなに盛りだくさんの内容で、ここまで教えてくださってありがとうございます。早速やってみます!」

「こんなにすべてを教えていただいていいんですか?というほど充実した内容でした。すぐにできることばかりだったので、早速足つぼや食事やっています。これからどう変わるのか楽しみです。」

というお声をいただいています。

EBookで基礎を学んだあとは、続編として応用がわかるオンライン婦人科サロン(メール&動画配信)をご利用いただけます。こちらも無料です。

現在、1600名以上の女性にご利用いただいており、

「動画2つ見せていただきました。まゆさんの愛と優しさいっぱいの動画で、感動しながらみていました(^^)

E bookでも学んだんですが、動画で見ると改めて、あ!そういうことなのか!と目からウロコでした。

玄米の説明、野菜の皮付きの大切さ、などすごく分かりやすかったです!

食事改善、足つぼ、がんばります!本当にたくさんのギフトありがとうございます!いい報告でいるようにがんばります!」

とお声をいただいています。

あなたも今度こそ、子宮筋腫のお悩みをさよならしませんか?

まずは、無料EBook「子宮筋腫 改善の2大法則」をダウンロードしてくださいね!

フォーム送信後、42時間以内にダウンロードURLをメールしますので、しばらくお待ちください。

EBookの続編で応用となる「オンライン婦人科サロン(無料)」は、ダウンロード後、自動的にスタートします。

必要なければ、いつでも解除できますのでご安心ください。

それでは、これから一緒に、子宮筋腫のお悩みとさよならしましょう!