iTubo(あいつぼ)

パンケーキ大好きな子宮筋腫を小さくしたい女性の足つぼ奮闘記

婦人科サロン発祥の地「ワンドマユ」に通われていた42歳のKさんは、毎年6月になると胃腸の調子が悪く、それが何年も続いているそう。

話を聞いていると、かなりグルメ志向。話の中でよく出てきたのが、ハワイアンパンケーキ 笑

いや、それは子宮筋腫のエサです…。やめないと胃腸の不調は繰り返すし、子宮筋腫も小さくならないよ…。

そんなKさんの子宮筋腫が小さくなるまでの奮闘ぶりをここに記します。

美味しいもの大好き!それがあだとなり子宮筋腫に

パンケーキ大好き!デパ地下はほぼ毎日!

ワンドマユで施術を受けている間、Kさんとは話が盛り上がり、あっという間に時間が過ぎていきました。

何の話をしていたのかというと、パンケーキやデパ地下の惣菜、スイーツについて!

パンケーキ大好きな子宮筋腫を小さくしたい女性の足つぼ奮闘記

Kさんはたくさんの情報を知っています。たくさんの美味しいものを知っています。

で・も、それ、ぜーんぶ子宮筋腫のエサじゃない!!それやめないと、せっかく足つぼしても子宮筋腫は小さくなりませんよ!と毎回突っ込んでいました。

とは言っても、美味しいものをやめるのは難しいですよね。それはわかっています。だから、話すのです。話して、それを食べたらダメなんだと意識していただいて、少しずつやめる方向へ持って行きました。

「話すと逆に欲しくなるんじゃ?」と思う方が多いと思いますが、最初はそうです。でも、毎週その話ばかりしていると、さすがに、良くないことばかりしているんだなって気づき始めます。

それもそのはず、そういうのは子宮筋腫のエサになると毎回言っているし、食事のアドバイスもしているので、本当に必要なことは全てKさんは知っているのです。その上での、パンケーキやデパ地下の話。本人も少しずつ嫌気さします 笑(Kさんのことをよくわかった上での作戦です)

胃腸の不調と便秘で悩んでいる

胃腸の不調がなぜか毎年6月になったら起こるとのこと。なぜなのか。それは、6月というのは湿気が増える時期。胃腸は湿気を嫌うのです。

湿気で良いことが起こるってあまりないですよね?体も同じで、湿気ると、弱ることが多く、胃腸は特に湿気を嫌うのでKさんの場合も、湿気にやられている感じがしました。

パンケーキ大好きな子宮筋腫を小さくしたい女性の足つぼ奮闘記

でもそれには理由があります。Kさんはグルメなため、常日頃から、胃腸を疲れさせていたのです。そこに湿気が加わり、胃腸の不調になっていたのです。

Kさんは、吐き気や膨満感、胃液が上がってくる感じなどがあり、食欲も低下していました。でも痩せないというのも一つの悩み…。

また、便秘にも悩んでいて、毎日スッキリとした便通はなく、下っ腹に溜まっている重たい感じがしていて、それで胃が圧迫されているようにも感じるとか。

とにかく、胃腸は食べ物を消化吸収して排泄するという健康を維持する上で、とても大事な働きをしているので、機能を低下させている場合じゃありません!

むくんで黄色く冷たい足

Kさんの脚は筋肉が少なく、ポチャポチャしていてむくんでいます。足の裏は白っぽい黄色で、パッと見て、冷えているなとわかる感じ。

触ってみると、親指が硬く大きくなっていて、胃腸の場所(反射区)は、厚みがあり、かなりゴリゴリと音が鳴るほど老廃物が溜まっています。

パンケーキ大好きな子宮筋腫を小さくしたい女性の足つぼ奮闘記

かかとは小さいのですが、足つぼをするとゴリゴリと鳴って、ここにもかなりの老廃物が溜まっている様子。

胃腸の弱さや便秘、それに子宮筋腫がある場合の典型的な足です。

まずは、胃腸の状態を良くしていき、消化と吸収、排泄をきちんとできる体にしていきます。

その上でやっと、子宮や卵巣の状態をよくすることができるのです。単体では良くなりませんからね。

もちろん、エサ(パンケーキやグルメな食事)は減らしていくことが絶対に必要です!

グルメをやめるのは難しい

舌が覚えた味は忘れられない

Kさんの難関は、パンケーキやグルメな食事を控えること。

基本の日々の食事に関しては、すぐに変えることができました。でもグルメなため、よく話を聞いていると、料理が凝っていたり、豪華なことが多く、

「昨日は、鯛のアラ汁を作りました。ほんと美味しいんですよ!」と、うれしそうに話されていました。

料理が得意で好きなことは良いことです。アレンジをして、基本の食事も美味しく食べることができるので、それも楽しみの一つに変わります。

パンケーキ大好きな子宮筋腫を小さくしたい女性の足つぼ奮闘記

ただ、舌が覚えているあの味は忘れることが難しく、どうしても、デパ地下に寄り道してしまい、物色し、必ず一品は買ってしまうとか。

「なるべく体に良さそうなのは選んでいますよ。がんばってます」とのことだったのですが、

「先週、ついにあのパンケーキ屋が大阪でオープンしたんですよ〜。絶対行かなきゃって思ってるんですけど、1回だけいいですか?食べないと気が済まないです」と言うので、それは許しました 笑

食べたい食べたいとストレスを溜めるより、さっさと食べてしまって気持ちをスッキリさせている方がいいですからね。

しかし、パンケーキやグルメな食事(外食含め)をやめるのは本当に難しいことです。Kさんも、自分で美味しい料理を作って、ごまかしては、また食べちゃうということを繰り返しながら奮闘していました。

グルメをやめるきっかけは体調の変化

Kさんは、足つぼはすごくがんばっていました。ストイックなほど、毎日セルフケアをしていて、しないと気持ち悪くて眠れないとか。

過多月経と貧血のための足つぼの場所・胃

その甲斐あって、足の状態はどんどんよくなり、胃腸のゴリゴリをしっかり彫って、土踏まずを蘇らせていたので、胃腸の調子がよくなってきていました。(土踏まずがしっかり出ていると胃腸の調子は良くなります)

「体重が3キロも落ちてたんです。すごくうれしかったです。ここ数年は体重の変化ってなかったので、痩せるなんてうれしすぎます。だから思ったんです。食欲ないのに痩せないんですよー。なんでだろ。

だから、もうこれで食べてたらもったいないって。ちょっとがんばりますね」

と、痩せたことで、パンケーキとグルメを卒業できそうなところまで来ました。

体調もよく、よく眠れるし、食べても上がってくる感じや胸焼けもないそうで、その変化もうれしかったようです。

ちなみに、食欲がないのに痩せなかったのは、体に良い少食ではなく、食欲がなく食べれないという、受身的な体に悪い少食だからです。

胃腸の調子が良いってことはグルメでもオッケー?

Kさんは、体調がよくなったことで油断してしまいました。胃腸の調子が良く、スーッと食事が入っていくし、排便も良くなったので、またまたグルメに走ってしまったのです。

「いっか〜って思っちゃって。こないだ、サロンの帰りにパンケーキ行っちゃいました!ごめんなさい!素直に言うところがいいでしょ? 笑」

いいんですけど…、Kさんの目指すところが子宮筋腫を小さくすると言うことなので、それを考えたら全然ダメです! 笑

体重も減ったし動けると、女性であれば、すごくうれしくなるんですよね。それでおしゃれをしたり、どこか行きたくなったりって、ルンルンしちゃうんです。Kさんも例外なくそうなってしまい、フラフラ〜っとナチュラルにパンケーキ屋に入っていたそうです 笑

子宮筋腫が小さくなったから気が引き締まった!

Kさんの食関係は、どうしても褒められませんでした。いや、Kさんのお手製の料理にはいつも脱帽ではありました。グルメなだけあって(?)料理上手なんです。

パンケーキ大好きな子宮筋腫を小さくしたい女性の足つぼ奮闘記

ただ、それを補完するかのように、足つぼは大真面目に超ストイックにがんばっていたんです。だから、すこーしグルメに走っても許せるところがありました。(もちろん甘やかしてはない)

足の状態はすごく変わりました。胃腸とかかとのゴリゴリがジャリジャリっと小さくなっていました。それに、足の色もほんのりピンク色になっていて、パッと見て調子がいい!っていう健康的な足に。

そしてKさん、「聞いてください、検診行ってきたんですけど、子宮筋腫がどうやら小さくなっているみたいなんです。エコーなんで、はっきりとはわからなかったんですけど、先生も写りにより小さく見える時はあるとか言ってたんですけど、小さくなってます。確かに。絶対に。だって、体調がいいので、小さくなっているでしょ?」

と確信はありませんが、お医者さんがよくそういうこと言うのは確かで、エコーだと正確な大きさを測るのが難しいようです。

ただ、Kさんは小さくなったと信じて、それを励みにグルメを卒業すると宣言しました。

子宮筋腫が小さくなってグルメを再開?!

Kさんは、約2年、サロンに通われ、足の状態はますます良くなっていました。ジャリジャリもほとんどなくなって、見違えるような健康的な足になっていました。

それに体調も良く、胃腸の調子を悪くすることもなく、その年の6月は不調は全く感じませんでした。

便通も良くなったので、下っ腹の圧迫もなく、いつも胃腸がスーッと気持ちがいいと言っていました。体重もトータルで5キロほど落ちて、お肌の調子もよく化粧のりが違うと言って、メイクにも目覚め、デパ地下というより、デパイチ(一階)の化粧品を見て回ることが多くなったとか。

パンケーキ大好きな子宮筋腫を小さくしたい女性の足つぼ奮闘記

そして、次の検診で、本当に子宮筋腫が小さくなっていると確信しました。

「エコー撮ってもらったんですけど、先生が変わってたんですよ。前の先生が辞めちゃったみたいで。でも、前のエコーと比べてみても、明らかに小さくなっていますねって言われました!うれしいです!!

これは本当だと思います。新しい先生も、エコーではわからない部分もあるって言ってたんですけど、この映像だと完全に小さくなっているようだって。何かしましたかって言われたんですけど、内緒にしておきました! 笑」

そして、「でね、うれしくて、足が勝手にパンケーキ屋に行ってたんです(笑)もういいでしょ、許してください 笑」

と、グルメ精神は行ったり来たりですが、子宮筋腫が小さくなったことは本当にうれしく、ここまでやってきたことを無駄にしないよう、パンケーキやグルメはたまに楽しむものにして、家庭料理の腕をさらに磨いて、日々の基本の食事を楽しいものにすると、新たな楽しみを見つけたのでした。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP