宇宙の法則(スピじゃない)でウェルネスを手に入れる

  1. わたしたちの食事 wefood

発酵食品で正しく効果的に腸活してお通じを改善する方法

健康には腸!と注目されるようになって数年が経ち、腸活をしている人も多いです。

多くの人は、腸活といえば発酵食品!ということで、積極的にとっている人も多いですね。

でもお通じが改善されない?これじゃ腸活になっていないのかも?

それなら、”正しい腸活”をおすすめします!

宇宙の法則(スピじゃない)でウェルネスを手に入れるブログ・たのしくさちくる梶原がお届けします。アユボワン🙏

腸をキレイにすればいいの?正しい腸活を知ろう!

腸活とは、ただ発酵食品を食べるということではなく、バランスの取れた食事と質の良い睡眠、適度な運動で、腸内環境(腸内フローラ)の状態を良くすることをいいます。

多くの方が、発酵食品を食べればOKとなってしまっているのですが、そうではないんですね。あくまで、正しい生活をして腸内環境を正常化する、そういうこと。

腸活でととのえる腸内フローラとは?

腸内環境のことを腸内フローラというのは、腸内を顕微鏡でのぞくとお花畑(フローラ)のように見えることから。

そのフローラとは1000種100兆個以上に及ぶ「腸内細菌」なのですが、その細菌は「善玉菌」「悪玉菌」「日和見(ひよりみ)菌」の3種類。

日和見菌というのは、場合によって善玉菌になったり悪玉菌になったりする菌のこと。

また、悪玉菌は悪い菌だからゼロにしないといけないものではなく、これらのバランスが大事!腸内細菌のバランスは「2:1:7」が理想的とされています。

悪玉菌は必要なものではありますが、増えると便秘や下痢などを引き起こたり、免疫機能の低下や体の不調にもつながりやすくなります。

日和見菌を味方につけて、善玉菌を増やしたいですね。

善玉菌を増やすには発酵食品だけではダメ?正しい腸活法

善玉菌のエサ・プレバイオティクス

善玉菌を増やそうと、腸活をしている人の多くが発酵食品をとっているように、やはり発酵食品は腸内環境をととのえるにはもってこいの食材!

なのですが、実は、善玉菌のエサとなる食材も必要ということはご存知ですか?

善玉菌のエサとなる食材、それをプレバイオティクスといい、善玉菌の“エサ”となるものです。

これは、「水溶性食物繊維」、「オリゴ糖」などが含まれる食材で摂取することができます。

水溶性食物繊維といえば、わかめや昆布などの海藻ですね。また、大麦やおくら、フルーツなどにも含まれます。

オリゴ糖は、玉ねぎ、ごぼう、ねぎ、にんにく、アスパラガス、キャベツなどに多く含まれます。

善玉菌を摂取する・プロバイオティクス

このプロバイオティクスというのが、多くの方が腸活でよく取り入れいている発酵食品です。

しょうゆ、みそ、甘酒、つけもの、ヨーグルトなどですね。

エサと善玉菌となる食材を一緒に摂ることで、有益な腸活ができるようになります。

この2つを同時に食べる食事のことを、シンバイオティクスといいます。

最初にお伝えした通り、やはりバランスの取れた食事が大事で、腸をキレイにしたいからといって、発酵食品ばかり食べていては腸活にはならないんです。

エサとなる食材と発酵食品。この組み合わせが必要なんですね。

本当に腸がキレイになる腸活で食べるといい物

というわけで、シンバイオティクスな食事をすればいいんだということで、玉ねぎや海藻が入ったお味噌汁とヨーグルト、キムチ…と並べてしまいそうですが、闇雲に取り入れたらOKということではなく、選ぶ基準があります。

この基準を守れば、あなたの腸活はもっと進み、本当に腸がキレイになって、健康も手に入れば、美容面でも効果が現れるでしょう!

その基準とは、”そもそもあなたの腸の質にあった食材”というのを取り入れるということ。

腸の質とは、あなたが今まで食べてきたもので出来上がっています。

もっというと、あなたの先祖代々が食べてきたもので出来上がっています。

それはどんなものですか?昔からキムチやヨーグルトを食べてきたご先祖様が多いですか?

きっと日本人ならそんなことはないはず。

昔から、玄米と味噌汁、お漬物などを食べてきたご先祖様ではないでしょうか。

ということは、あなたの腸もそのようにできています。長い歴史の中で。

あなたが生まれてきてからずっと洋食だったとしても、あなたの腸の質を作り上げた歴史は長いので、本来はその質なはずなんです。

でも、洋食で育ってきたのであれば、もしかすると今不調や便秘に悩まされているのかもしれません。

それは、腸の質にあった食事をしていなかったからです。

今からでも戻すことはできます。今から、先祖代々が作ってくれた腸に合った食材選びをしましょう。

ということで、選び方はとってもカンタン。日本の食材を選びましょう!ということです。

日本では昔から味噌や納豆、醤油やみりんなど、発酵食品をたくさん食べてきています。

それらがプロバイオティクスになりますね。

そして、昔から食べられている日本で採れる野菜、海藻にはプレバイオティクスがたくさん含まれます。

シンバイオティクスにするには…、あらお味噌汁がピッタリではありませんか?

プロバイオティクスのお味噌とプレバイオティクスの野菜と海藻。

これで、シンバイオティクスの完成!毎日の食事で無理なく腸活ができるのです。

実は腸活って、特別に何か必要なものではなく、昔から食べられていた日本の食事をしていれば、できることなんです。

オートミールなども流行っていますが、日本人の腸には合わないものなので、わざわざ買う必要はありません。

それよりも、日本人がやってきた食事に目を向けてください。そこに正しい食事があるのです。

正しい食事こそ腸を整える食事なので、それをやっていればいいのです。

まずは、1日2回のお味噌汁。(主食は玄米が好ましい)これを1週間でも続けてみてください。

腸が変わるのがわかりますよ。

わたしたちの食事 wefoodの最近記事

  1. ダイエットや健康のための糖質制限の注意点とデメリット

  2. 食生活改善メニューのための栄養バランスを考えた食材の選び方

  3. パンやパスタなどの小麦って女性の健康には良くないの?

  4. 食事をきちんとしたいけどできないジレンマで悩む人へ

  5. 食事の栄養バランスをカンタンに整え、体調の変化を体感できる食べ方

関連記事