日本初の婦人科サロン直伝・自分で子宮筋腫の悩みを解決するブログ

  1. お知らせ

難病を改善し出産後6ヶ月で動き出した理由

12年前、ワンドマユが誕生したのは、創業者の梶原が、

「リラクゼーションではなくて”本当に体を変える”サロンってないんだ」ということに気づき、

「それなら自分で作ろう!」とインスピレーションを得たから。

難病を改善し、生まれた子供はまだ6ヶ月。そしてシングル…。それでもサロンオープンに踏み切ったのは、

「病院ではお医者さんに相談できない。本当は相談したいし、困っていること、不安を伝えたいけど、そんなこと言っていいのかなとか、時間も限られているし、なかなか話せない。

話したところで、悩みが解決するかというとそうでもなく…結局、言われるまま治療を受けるだけ。

話がわかってくれるお医者さんに出会う確率はかなり低く、出会えれば超ラッキーというレベルなのが現状。

こんな状態で悩む女性は減るのか?絶対減らない。実際に医療が発達しているのに患者は増えている。

それではいけない!!私が難病を改善した方法は誰にでもできるし誰にでも効く。1日でも早く伝えないと!!」

というわけで、始まった婦人科サロン・ワンドマユは12ヶ月で卒業できます。

なぜなら、その場しのぎではない改善を目指していたから。

サロンに通い続けるようではいけないんです。

そういうサロンが必要だと思ったたくさんの同志がスクールで学ばれています。

「スクール受講した動機は、自分自身の体質改善(子宮筋腫による不正出血、ホルモン治療、手術を経験)から、

自分の経験を生かし、マユ先生の自然療法の大切さや技術を学び、困っている方の少しでも役にたちたいと思ったからです。

足つぼの素晴らしさを新発見し、自分自身が体感し、自信を持ってお客様に勧めることができそうです!」

「サロンのお客様が子宮筋腫や不妊などのお悩みの方が多く、まゆさんのサロンのお客様が子宮筋腫など改善されていたので、

私も根本的に体質を改善できる人になりたいと思ったので受講しました。

足つぼの概念が180度変わりました。足つぼだけでなく根本的に体質改善を進めるために必要な身体の仕組みがわかり、大変勉強になりました。」

明日からスクールがリニューアルします。

病院以外に頼れる場所がある世の中を目指して、

ワンドマユ梶原の延1万人以上サポート経験と自身の難病改善と妊娠出産から得た実体験からここでしか学べない20以上の超実用的な講座が生まれました。

同じように知識や技術を使える人が増えれば、悩みを改善できる人も増えます。

「リラクゼーションではなくて”本当に体を変える”サロンがある」

という世の中になったらいいなと思った方と一緒に学び合えるとうれしいです!

お知らせの最近記事

  1. 3月8日は国際女性デー・アクションしよう!

  2. 本日開講!ワンドマユカレッジ・病院以外に頼れる場所がある世の中を目指して

  3. 難病を改善し出産後6ヶ月で動き出した理由

  4. 元祖婦人科サロンが教える、感動する足つぼを習得できるオンライン講座

  5. 婦人科サロンでは、一時しのぎではない改善を目指します

関連記事