健康のその先にあるものを目指すメディア

  1. フェムテック・ミニマル

ミニマル生活の素朴な疑問~「必要なもの」のなかに、テレビや服はあってもいいの?

「ミニマルな生活に憧れているけれど、自分はテレビが好き。ミニマリストになるのであれば、テレビは捨てるべき?」

「洋服が大好きなんだけど……ミニマリストになるのであれば、これは捨てなければならないの?」

このような疑問を抱く人もいるのではないでしょうか。

今回はこのような「ミニマル生活に関わる素朴な疑問」に答えていきます。

テレビを置くことのメリットとデメリット、服を多く持つことのメリットとデメリット

「テレビを処分することで、受動的なライフスタイルから抜け出せる」

「テレビをなくしてしまえば時間が空き、その分を趣味に使える」

などのメリットがあります。

また持っている服の量を最小限にすれば、服選びに迷うことがなく時間を節約できますし、服の管理もしやすくなるでしょう。

しかしこれらを処分することにはデメリットもあります。

テレビを処分することのデメリットとしてよく挙げられるのが、「情報に疎くなる」ということです。芸能ニュースはもちろん、災害に関係するニュースでさえ受け取りにくくなります。

またあまり言われることのないおそろしい真実として、「人は能動的に情報を得ようとするとき、自分が見たい情報のみを無意識的にピックアップする」という点が挙げられます。テレビは受動的な情報発信装置であるため、政治的な話などを受け取り手側の思想に関係なく流しますが、インターネットで情報をピックアップするとき人は無意識的に「自分が賛同する意見」のみを選んでしまいます。そのため、考えに偏りが出やすくなるのです。

また洋服は、単純に「着るためだけのもの」「寒さや暑さを調節するためだけのもの」ではありません。デザインの美しさに惹かれて購入するものであったり、おしゃれを楽しむために購入したりするものです。「たくさんの洋服のなかから、自分の好きな洋服を選ぶ」「多くの洋服のなかから、自分好みのコーディネートを完成させるために試行錯誤する」という過程自体を、楽しみと受け取る人もいるでしょう。

無理に処分する必要はない

このように、テレビにはテレビの、洋服をたくさん所持することには所持することのメリットもあります。もちろん、「昔からテレビはほとんどみない」「洋服に対して関心が薄い」という人もいますが、これらが日常の大きな楽しみになっている人もいることでしょう。

このような場合は、無理にテレビや洋服を処分する必要はありません。

ミニマル生活では、「自分にとって不要なものを処分しよう」としています。しかし「自分にとって不要なもの」は、人それぞれ異なります。テレビや洋服が自分にとって必要不可欠なものであるのなら、これを処分する必要はないでしょう。

ミニマル生活の肝要な部分は、「『持たない生活』を送ることで人生を豊かにする」事であり、「人生を豊かにするために、自らの楽しみを捨て去ること」ではないのです。

フェムテック・ミニマルの最近記事

  1. ミニマル生活の素朴な疑問~「必要なもの」のなかに、テレビや服はあってもいいの?

  2. 世代別に知るフェムテック~フェムテックを世代別に取り上げる

  3. ミニマルな生活をするうえで気を付けたいこと

  4. フェムテックとメンテック~男性の悩みによりそう「メンテック」

  5. ミニマル(ミニマリスト)の考え方・生き方を実践するメリットとは

関連記事