食事

白米から玄米に変え2週間。便秘が解消されたけどまた便秘になったのはなぜ?

玄米食を始められた方から、よくこういったご質問をいただきます。

「白米から玄米に変えて約2週間なのですが、最初は便秘が解消されてたんですが、ここ数日はまた便秘に戻ってしまいました。玄米が合っていないのでしょうか?」

玄米が合っていないということはありません。これは、あなたの腸の状態を教えてくれている貴重な体験です!

玄米で便秘が解消されたのにまた便秘になるワケ

腸が玄米の食物繊維に慣れてしまったから

白米から玄米に変えると、多くの方がお通じがよくなるという体験をされます。

その理由は、玄米には食物繊維が豊富なので、白米から玄米に変えるだけで食物繊維がいつもより多く摂取され、腸が刺激されて、便の量も増えて出やすくなるから。

もともと便秘かお通じが良い状態ではないから

もともと便秘がちな方や、お通じが毎日あってもコロコロ便だったり黒い便、硬い便など便の質が良くない方は、玄米を食べて、一旦は便秘が解消されても、その後すぐに便秘に戻ってしまう場合があります。


お通じに問題があると、腸の状態が良くない場合が多く、玄米の食物繊維で刺激されて、一旦は出やすくなるのですが、元の状態が良くないのですぐに戻ってしまいます。

玄米をよく噛んで食べていないから

白米は柔らかいので噛む回数が少なくなりがち。そのままの感じで玄米を食べると消化不良になります。

玄米は硬い表皮に覆われていて、表皮は消化しにくいので、一口100回くらい噛まないと消化されないんですね。

消化されないまま腸に入ると、腸は処理しきれず、便が出にくくなります。
先ほどお伝えした通り、最初は食物繊維の刺激で出ますが、数日経てば、腸は負担になると感じてうまく機能しなくなり、出ないようになってしまいます。

白米から玄米に変える時に注意すべき3点

玄米が粥状になるまで一口100回噛む!

玄米は、人間に必要な栄養素をほぼ全て含んでいます。それに、放射能をも排出するくらいのデトックス力があります。

だから、子宮の悩みを解決するための体質改善には玄米を主食にとお伝えしているのですが、デメリットもあります。

それは、消化が良くないということ。

一口100回以上噛まないと、きちんと消化されません。玄米を白米と同じくらいの感覚で食べてしまうと、胃を壊す人もいます。

玄米食に変えたのに調子が悪くなったというお声も聞くことがありますが、ほとんどの場合、しっかり噛めていないからです。

とにかく玄米はよく噛みましょう。噛まないと、せっかく玄米食をしているのにその恩恵を授かることができませんよ。

よく噛むと、唾液がしっかり出て、若返りホルモンと呼ばれるパロチンが分泌されたり、噛む回数が増えて少食にもなりやすいので、一口100回噛むというのはデメリットのようで、実はメリットにもなっています。

便秘が解消されるのを待つか食べやすい玄米に変える

白米を玄米に変え、便秘が解消されて、また便秘になる…。これは人によりますが、多くの場合、腸の状態が良くなるまでは繰り返します。

腸の状態はすぐには変わりませんので、良くなったり悪くなったり(戻ったり)を繰り返すのは当然のことではありますが、この状態を我慢しながら玄米を続けるか、他の策を考えるか…。

一番おすすめの打開策は、便秘に戻ったというほとんどの方は一口100回以上噛めていないので、玄米のままにしていただき、よく噛むという習慣をつける。

これを1週間〜2週間ほど続けます。

これで、便秘が解消される、もしくはお通じが少し良くなるなど良い方向へ変化が見られたら、そのまま続けるといいです。

よく噛んでも解消されない場合は、腸が思っている以上に弱っている可能性があるので、少し食物繊維の量を落とした「分づき(ぶづき)米」という玄米に変えてみるといいです。

分づき米は、玄米の消化されにくい部分である表皮をいくらか削ったお米のことです。表皮を5割削ったのが5分づき米。3割削ったのが3分づき米。主流は、その2つと7分づき米。


7分づき米は、見た目はほとんど白米です。表皮を7割削っているので食べやすく消化もされやすいのですが、表皮が3割しか残らないので、表皮のパワーであるデトックス力が落ちてしまいます。

どういった目的で玄米を食べるかによりますが、例えば、子宮筋腫などの悩みを改善したいということで始められるのであれば、最初にデトックスが必要なので、できれば表皮は多く残している方がいいです。

まずは5分づき米でチャレンジしていただき、それでもお通じが良くならないのであれば、7分づき米という形で、なるべく玄米寄りの分づき米からチャレンジしてみてください。

2週間くらい続けてみて、腸に変化があればそのまま続けましょう。

白米に戻さない!玄米食をやめない!

玄米食に変えるということは、何か改善したい悩みがあるということがほとんどかと思います。
どんな体の悩みにも、玄米食は必須です。だから、「便秘になるからやめる」という選択肢だけはしないでほしいです。

白米に変えたら、体の悩みは良くなりません。

でも、玄米を続けたら、便秘は繰り返す可能性がありますが、体の悩みを改善するというパワーも体に備わってくるので、長い目で見れば、玄米を続けることが正解です。

便秘を繰り返すのは、玄米のせいではなく、自分の腸の状態によるものです。玄米は、それを教えてくれているのです。(もともと快便の方が玄米にすると、より快便になります)

玄米の種類を変えたり、噛んだりしながら、工夫して続けてみましょう。必ず、あなたの体の悩みを改善してくれますからね。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP