One de Mayu+ ワンドマユプリュス 人生をもっとしあわせに変えるサロン

ワンドマユ・プリュス BLOG

寝かせ玄米食べてみませんか。

認定サロンブログ

いつもありがとうございます。

子宮筋腫を本気で改善。自然療法であなたの生活の質を高めるサロンの林 由賀です。

玄米は白米よりカロリーが低い?

不正解です。

なんと!玄米と白米のカロリーはほぼ一緒です。

「ビタミン、ミネラル、食物繊維」が入っていようが入ってなかろうがカロリーは一緒。

このあたりに現代の「カロリー重視」、「炭水化物は太る」というブームが作られてるのでは。

カロリーが一緒なのに、そこに含まれる栄養素は数倍〜数十倍も違うのです。

そもそも、カロリーとは「炭水化物、脂質、たんぱく質」の合計数値で、「副栄養素」と言われる「ビタミン、ミネラル、食物繊維」は関係ないのです。

そして、このカロリーに関係のない、ビタミン、ミネラル、食物繊維が、食べ物を「消化」して「代謝」するのに大きな役割をもっており、健康や美容やダイエット、便秘などに大きく影響するのです。

太る太らないはカロリーではなく、そのカロリーを「代謝」できるかどうかなのです。

その「代謝」をしっかりするために、「ビタミン、ミネラル、食物繊維」が重要であり、それらは「玄米」に豊富で、「白米」にはほとんどないのです。

通常のお米はぬかを除去してしまうのですが、酵素はそのぬかの部分に豊富に含まれているのです。

玄米を炊くことでその酵素が働いてタンパク質を分解し、旨みが出るし食感もアップするとのこと。

さらに玄米の酵素でアミノ酸の一種であるギャバという成分が増えます。

このギャバは血圧の上昇を抑える効果があると言われています。

そしてご存知、白米と比べると玄米には約6倍もの食物繊維が含まれています。

お通じが良くなり老廃物を排出、デトックス効果が期待できるというわけです。

それでは、寝かせ玄米(発酵玄米)を自分で作る時には次のような物を準備します。

用意するもの

玄米  3合

小豆  1/6カップ(20gくらい)

塩  小さじ1/2

水  6カップ(玄米の2倍)

炊き方にはポイントがあります。

 1.玄米と小豆を水で洗う
 2.洗った玄米と小豆に指定の水1/6と塩を入れて泡だて器で8分かき回す(玄米に傷をつけるため)
 3.水は捨てないでそのまま炊飯器に入れて残りの水も加えて6時間以上水に浸します
 4.玄米炊飯コースで炊く(ない場合は水を多めにして炊く)
 5.炊き上がったら保温のままで1日1回かき混ぜて3日間発酵させる

保温期間中の3日間には玄米が徐々にモチモチに変化して行きます。

 ・1日目:赤飯のような色でぼそぼそした食感があります。
 ・2日目:白米よりは良く噛む必要がありますが、炊き上がり時よりはモチモチしてくる。
 ・3日目:色も香りも香ばしく変化。甘味が増してモチモチ感がアップ。食べ頃です。

また玄米と一緒に炊く小豆には細胞の老化を防ぐポリフェノールが多く含まれているため、アンチエイジングにも効果大というわけですね。

玄米を小豆と少量の塩で炊き、炊きたてを食べるのではなく3日ほど保温しておいてから食べるのが寝かせ玄米(発酵玄米)なのだそう。

なぜ3日も置いておくのかというと、何日も置くことによって玄米から水分が抜けて均一になるため、もちもちの食感が得られるのだとか。

健康には良いと分かっていても、白米と比べると水が浸透しずらくパサつきやすいため苦手と思っている人も多いのでは?

そんな人でも食べやすいのが3日おいた酵素玄米なのです。

健康食品である玄米を美味しくいただくための知恵とも取れますね。

一度、挑戦してみませんか?

 

大阪、東京、福岡の子宮筋腫や生理痛、不妊症を改善する婦人科サロン

大阪、東京、福岡の子宮筋腫や生理痛、不妊症を改善する婦人科サロン

 

 

 

CATEGORIES

ARCHIVES